スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタボリックシンドロームと肥満は・・・こんなこと



メタボリックシンドローム肥満は遺伝的および環境的要因によるカロリーの過剰な摂取の結果、脂肪の蓄積が増加した状態です。

メタボリックシンドローム肥満には、糖尿病、高脂血症、高血圧などの合併症が多くみられます。
メタボリックシンドローム肥満に伴う合併症は肥満度そのものよりも脂肪分布が重要となり、とくに内臓脂肪の蓄積に着目されます。

メタボリックシンドローム肥満には原因が明らかでない単純性肥満、基礎疾患などの症状として現れる2次性肥満、食行動の異常によって起こる肥満があります。
メタボリックシンドローム肥満の大半は単純性肥満が占めています。

2次性メタボリックシンドローム肥満にはメタボリックシンドローム内分泌性肥満、メタボリックシンドローム偽性副甲状腺機能低下症、インスリノーマ、性腺機能低下症など)、
遺伝性肥満(先天的)、視床下部性肥満、薬物による肥満などがあります。

レプチン、PAI-1(パイワン)、アディポネクチンなど脂肪細胞から分泌される物質が明らかになっています。

これらが直接、肥満合併症に関連があるといわれています。
レプチンは食欲を抑えるホルモンで、肥満している人はこのホルモンがうまく働かなくなっていると考えられています。

またアディポネクチンはメタボリックシンドローム肥満で減少し、冠動脈疾患で減少することが明らかになっています。

肥満と密接に関係がある「メタボリックシンドローム」の診断基準が定められています。

メタボリックシンドロームは耐糖能異常、メタボリックシンドローム高脂血症、メタボリックシンドローム高血圧を合併する状態です。

これらのリスクの大きな原因である.

メタボリックシンドローム内臓脂肪蓄積への対策を行うことが個々のリスクへの薬物療法を軽減し、アディポネクチンなどの分泌異常を改善できます。

メタボリックシンドロームYAHOO メタボリックシンドロームBLOOD-COM メタボリックシンドローム症候群  メタボリックと成人病  血液サラサラコム  メタボBLLOD-COM2

スポンサーサイト

theme : メタボリックな人生なんて・・・!
genre : 日記

comment

管理者にだけメッセージを送る

Google
Google
WORK
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
PING
amazon books
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSS
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。